ハタチの恋人ストーリー

ハタチの恋人ストーリー

「ハタチの恋人」というドラマを知っていますか?

「ハタチの恋人」の注目は、明石屋さんまと長澤まさみでしょう。

「ハタチの恋人」の内容を今回は少しだけ紹介したいと思います。

大阪の職員会社で働く井上圭祐(明石屋さんま)は営業報告をするため毎週、東京に出張しなければならなかった。

そんな圭祐は東京のホテルで、昔の友人である鈴木風太(市村正新)と再会。

風太は売れっ子の純愛小説家になっていた。

そのホテルで圭祐は沢田ユリ(長澤まさみ)と運命の出会いを果たす。

昔の恋人そっくりのユリに出会い、どんどんと気持ちが若返っていく。

また、いつでも、何事にも真剣なユリは、真剣であるが故に、不器用なところもあり、目標を持った若い人たちにとっては共感、目標を探し求めている若者には、何かを感じずにはいられない。

「ハタチの恋人」は、この二人の出会いをきっかけに、登場人物のそれぞれが「生きがい」をみつけ、本当の自分に気づいていく物語です。

また、「ハタチの恋人」のジャンルは、ひとことで言うと「ラブコメ」です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。